古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

脇田和(わきた かず) 1908〜

東京都港区青山に生まれる。1923年青山学院中等部を中退。姉夫婦とともにドイツに渡る。ミューラー・シェンフェルト塾で人体デッサンを学び、翌1925年ベルリン国立美術学校に入学。1930年卒業後、父の死去により帰国する。1932年太平洋画研究会で初入選、また光風会,帝展においても受賞を続ける。1936年新制作派協会の結成に加わり、以後同協会展に出品を重ねる。子供や鳥を主題として、豊かな色彩とともに柔らかいイメージの筆触で抒情的な作品をつくり出す。戦後は国内にとどまらず海外の展覧会にも出品、1956年にはグッケンハイム国際美術展国内賞を受賞。1986年神奈川県近代美術館と群馬県近代美術館にて回顧展。1998年文化功労者。

 

 

主な収蔵先

新潟県美術博物館
脇田美術館

画集及び文献


関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved