古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

脇田和(やまぐち かおる)

1907〜1968


群馬県群馬郡箕輪村(現在箕輪町)に生まれ、東京で歿。1924年上京、川端画学校に学び、翌25年東京美術学校西洋画科に入学。2年進級時には特待生となり、和田英作教室に入る。在学中から帝展や国画会に入選する。1930年卒業後、渡欧。1933年帰国ののち国画会会友となるが翌年退会。村井正誠・矢橋六郎ら集団<新時代>を結成する。1937年には新時代が中心となり自由美術家協会を結成した。1950年同協会を脱会、モダンアート協会創立に参画し、その後は国内外の展覧会に出品するなどは幅広い活動を展開。穏やかな風景画に抽象化した平面的な色面構成が加わり、やがて東洋的な情趣が滲みより心境的な作品が描かれた。1968年5月19日逝去。

 

 

主な収蔵先

群馬県立近代美術館
世田谷美術館

画集及び文献


「日本現代画家選18 山口薫」美術出版社1955
「山口薫」求龍堂1966
「山口薫 第二集」求龍堂1975
「山口薫 素描集」用美社1983

関連リンク

東洋美術陶磁関連資料美術館リンク

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved