古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

 

 

 赤絵(あかえ)


赤を主調として緑・青・黄などで上絵付した陶磁器、中国では五彩という。金(南宋)代には既にはじまり、宋赤絵がつくられ、元代に入って磁器に施されるようになった。明代には技術的に成熟の域に達し、古赤絵・萬暦赤絵・天啓赤絵・呉須赤絵などがつくられるようになった。
 

 暗花(あんか)


釉下の沈線文様のこと。毛彫または型押しでかすかに文様をあらわし、その釉面は指でなでても滑らかで凹凸を感じないもの。陰刻,平雕ともいう。
 

 安南染付(あんなんそめつけ)


明代後期頃、中国よりベトナムに伝わった。素地は陶器質であったものが時を経るにつれ半磁器質になり磁器質へと移行していく。特徴とされる釉薬は灰分が非常に多く流れやすい。そのため釉下の染付も流れてしまうことがあるが、それがかえって景色をなすことで絞手と呼ばれ茶人親しまれる。
...

 影青(いんちん)


白磁の一種で青白磁ともいう。素地の彫文に施されている部分に釉がたまり、影のようにうっすらと青色を呈することから、このように呼ばれる。宋代にはじまり、景徳鎮や華南各地で焼かれており、北宋末期に優品が多く作られた。 近年になり大量に発掘される。
 

 上絵具(うわえのぐ)


陶磁器の釉面に彩色するための顔料のこと。五彩や粉彩・琺瑯彩などに用いられる。中国・金代のころよりはじまり宋赤絵が知られている。酸化鉛を溶媒にして呈色剤となる各種の金属酸化物を加え、釉面に文様を施して低火度の錦窯にて焼きつける。赤は第二酸化鉄(ベンガラ),黄は酸化アンチモニー,緑は塩基性炭酸化銅(緑青),青は酸化コバルト,紫は酸化マンガンなどがある。
 

 鉛釉(えんゆう)


鉛を主成分として含んだ低火度の釉薬で、灰釉とともに基本的な釉薬の一つ。鉛は珪酸を溶解する力が強く、700〜800度の比較的低火度にて珪酸と化合し艶のある釉面をつくる。さらに少量の金属を呈することで鮮やかな発色を生み出すことができ、銅を加えた緑釉,鉄を加えた褐釉,コバルトを加えた藍釉などがある。中国・戦国期のころよりはじまり、漢の緑釉・唐の三彩・明の法花などその利用は多岐にわたっている。日本の楽焼も鉛釉。
 

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved