古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

 

 

 博山炉(はくさんろ)


中国、薫炉の一種。その形は浮彫などを用いた円錐状の蓋をもち、その下の柄に人物や鳥獣が象られ、底部には承盤がある。戦国末よりつくられ漢代に流行する。陶製のものの他、金属製に優れた遺品がある。
 

 刷毛目(はけめ)


素地に白泥を刷毛目のたつように塗り、透明釉をかけて焼成する加飾方法の一つ。その多くは李朝初期(15c頃)に、全羅南道の務安や忠清南道公州郡の鶏龍山にて焼かれた。一般に素地は鼠色で刷毛目に鉄絵を施したり<絵刷毛目>、線彫や掻落などが行なわれた<彫刷毛目>。
 

 馬上盃(ばじょうはい)


腰高の盃。その名については、馬上で飲むのに適しているとか、腰が高く馬上にいるようであるなどと言われる。中国の青磁・青花・釉裏紅・五彩・豆彩などがつくられ、朝鮮では三島手や白磁に多い。
...

 備前(びぜん)


備前国伊部(岡山県備前市伊部)一帯で焼成される陶器の総称。平安期より、主に壷,甕,擂鉢をつくり、次第に食器・酒器を焼くようになる。茶陶は桃山期に入ってからつくられはじめた。釉をかけずに、土そのものの味わいを美しさの対象とし、その肌を火襷,榎肌,青胡麻,黄胡麻,白胡麻,糸胡麻,飛胡麻,牡丹餅,ザンキリ,紫蘇色,火間などと呼んでいる。
 

 火襷(ひだすき)


備前や常滑など無釉陶器に現れる赤褐色・襷状の斑文のこと。焼成時に器の保護を目的として藁を挟んだり、薪とともに塩俵を用いたりしていたために現れた現象。後世になって意図的に行なわれるようになった。
 

 吹墨(ふきすみ)


墨を吹きかけたような文様をあらわす加飾法。中国・明代の古染付のころより用いられる。これを型紙で外隅風に使ったのが百間窯で瀬戸の油皿にも同様の手法が見られる。 また初期伊万里でも使われている。
 

 粉彩(ふんさい)


中国・清代にはじまる上絵付の技法の一つ。軟彩とも呼ばれる。ガラス質の少ない半透明なエナメル質の上絵具を用いることにより、色数の調整・彩色の濃淡・細密な表現が可能となり、より絵画的な絵付をあらわすことができるようになった。康熙年間に始まり雍正年間に完成、古月軒といった優品が生まれる。後期になるにつれその緻密さは一層顕著なものとなっていくが、器肌や素地の質は低下してしまう。
 

 弁柄(べんがら)


酸化第二鉄を主成分とするやや紫色を帯びた赤色の顔料。緑礬(ろうは=硫酸第一鉄)を焼いてつくられ、その焼き方によって色調は変化する。黒釉・柿釉・飴釉や釉下の黒絵,釉上の赤彩などに用いられる。
 

 扁壷(へんこ)


壷形の偏平な形をした容器。中国・戦国−漢代の青銅器が手本とされ、その器形は多岐に渡る。朝鮮・李朝期の扁壷は名高く、日本でも古墳時代にはつくられた。
 

 法花(ほうか)


中国、元・明期における三彩の一種。鉛釉を用いるが、粘性が乏しく、筆描が難しいことから文様の輪郭を盛り上げてあらわし、その内側に青・紫・緑・黄をいった色釉を施した。鳥獣・草花の文様で、赤色を表現できないことから全体に青・藍地を呈したものが多い。華北の山西方面より発達し、明代には河南などで製作され、後期には景徳鎮でも模倣が行われる。
 

 鳳首瓶(ほうしゅへい)


口部分が鳳凰の頭に象られた細頸の瓶。蓋が鳳首をしたものや口下を鳳首としたものがあり、把手や注口のついたものもある。西アジアより南北朝末頃に伝わり、隋・唐代に流行する。金・銀器,漆器などもつくられた。
 

 琺瑯彩(ほうろうさい)


中国、清朝の粉彩の一種。精巧な粉彩磁器で官中の御用品として製作されていた。その多くは図柄にふさわしい題句が記され、底裏には銘が入れられている。主に雍正・乾隆年間につくられた。
 

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved