古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

 

 

 三島(みしま)


朝鮮を代表する陶器の一つ。高麗時代の象嵌青磁から変化を遂げたものと考えられる。素地は鉄分を多く含むため濃い鼠色で、その器面の文様を押し、これに化粧土を掛けて拭うもの。化粧土を施したのち、その表面を削りとり文様をあらわすなど様々な技法が用いられている。その技巧により彫三島・釘彫三島・絵三島・花三島・檜垣三島などの多くの名称が付けられており、また、器底に「礼賓三島」と呼ばれるもの存在する。これは「礼賓寺」「長興庫」「仁寿府」といった当時の役所名などを象嵌したものである。
 

 民窯(みんよう)


御用窯・藩窯などといった官窯に対して、官窯以外の民間経営による窯。主として実用品を生産する地方の小窯をさす。
 

 虫喰(むしくい)


白磁の皿・鉢などの縁にあらわれた小さな釉の剥落痕のこと。素地が釉薬より収縮率が高いために起こる現象で、焼成後の温度変化時に、釉薬の収縮が素地に間に合わず、余った釉がはじけて素地を露出してしまう。中国明末の古染付によく見られる。
...

 明器(めいき)


中国で死者とともに墳墓に納めた模型・人形などのこと。武器,生活用具をはじめ、俑と呼ばれる人形や楼閣,家畜に至るまで様々な種類がつくられた。材質は陶製・土 製のものが多く、金属や木でできたものもある。戦国・漢・六朝・唐代に盛んにつくられる。
 

 梅瓶(めいぴん)


中国陶磁器の形の一つ。口が小さく、胴が細長い。主として酒瓶として使われていた。名の由来は梅を生けるのに相応しい,梅の枝のようである,口径が小さいことかを梅の痩骨というといった諸説がある。北宋からはじまり、明代の青花に優品がある。
 

 目砂(めすな)


陶磁器を焼成する際、器の熔着を防ぐために器底に塗る珪石粉のこと。籾灰を用いることもある。
 

 麦藁手(むぎわらで)


縦に線を並べた縞模様の器。淡青あるいは淡茶などで施され、その線状の稚拙なとこから麦藁を連想されるため、この名が付いた。
 

 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved