古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

 

 

 

 礼賓(らいひん)


礼賓寺は高麗・李朝を通じて諸外国の使節を受けいれる迎賓館として置かれる。そこで使用された三島の器には、礼賓寺用の器物を示すために「礼賓」「礼賓寺」「礼賓寺用」といった文字が象嵌などを用いて記された。このようなことから文字が象嵌された三島を総称して日本では礼賓三島と呼ぶようになり、唐津などでその写しもつくられる。
 

 藍彩(らんさい)


中国・唐代に行われたコバルトあるいはラピスラズリを用いて発色させた加彩法。広義において唐三彩の一種。
 

 竜首瓶(りゅうじへい)


中国陶磁の双耳壷の一種でギリシア陶器のアンフォラに似る。胴からのびた長い首に皿状にひらいた口が付き、龍を象った耳が口縁を噛む。隋・唐代に流行し三彩・緑釉・褐釉などがみられる。
...

 龍泉窯(りゅうせんよう)


中国・浙江省龍泉県及び附近に点在した窯のこと。五代頃にはじまり、その青磁は越州窯のものに似た様式のものも見られる。北宋にてその作風は向上、南宋に入ると砧青磁と呼ばれる、粉青色釉の美しい青磁を焼くようになり、最盛期を迎える。その素地は灰白色で釉は厚く、粉青色を呈し、器形は多彩。浮牡丹や双魚などの貼付文が施されたものもある。 南宋後期より、過剰な大量生産により良質な原料が不足、重厚な作風となり釉は黄緑色の天龍寺青磁があらわれる。さらに明代中期を過ぎるとより装飾的な七官青磁へと転化し、衰退していく。
 

 遼三彩(りょうさんさい)


中国、遼代につくられた三彩陶器。唐三彩の流れを汲み、素地に白化粧をして三彩釉を施すが、唐代にある整然とした文様はなく線彫や型押も素朴な感じとなり、釉掛けも自由奔放である。器形は碗・皿・壷・瓶・硯などがあり、長頸壷,鶏冠壷,稜花長盤に特色がある。
 

 輪花(りんか)


碗・皿・盤などの口縁に一定の規律で刻みを付けたり、胴に縦筋をつけるといった装飾法の一つ。晩唐のころより銀器の影響のもと口縁や側面を立体的に飾る工夫が凝らされ、文様と合わせることにより、表現をより多彩にすることが可能となった。
 

 緑釉(りょくゆう)


酸化銅を呈色剤とする低火度鉛釉で緑色を呈する。中国・漢代に流行し六朝時代に中断するが、南北朝末期に再び盛んとなり唐代に唐三彩として用いられる。以後、歴代において多様に展開し、西方や朝鮮・日本などへも影響を与える。日本では奈良三彩よりその手法が伝わり、鎌倉以後一時的に途絶えるが、のちになって織部焼をはじめ、楽焼,京焼へと転化していく。
 

 瑠璃釉(るりゆう)


鮮やかな藍色を呈する色釉。長石釉に酸化コバルトを加え着色するが、粘性が乏しいため、重ね塗りや定着剤を混入する。主に磁器に応用されることが多い。
 

 炉鈞窯(ろきんよう)


中国・清代に景徳鎮において宋・鈞窯を倣造したもの。素地は鈞窯に似た、帯褐色の胎で、紅・紫・青・緑に施される。雍正年間のものが名高い。
...

 緑青(ろくしょう)


塩基性炭酸銅の一種で、真鍮や銅を塩水につけておくことで緑青がとれる。上絵付けの緑彩の顔料。
 
       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved