古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

 

 

 

 匣鉢 (さや)


陶磁器を焼成する際、窯内に舞う灰などの浮遊物から器物を保護するために用いられる容器のこと。耐火性に優れた粘土で作られ、その容器で器物を包み、窯の中に詰められる。
 

 三彩 (さんさい)


褐・緑・黄・藍といった色釉を、直接素地に施して低火度焼成(800度)された陶磁器の加彩法。漢代におこり、唐三彩によって完成された。その影響は渤海三彩・奈良三彩を生み出し、遼三彩や宋三彩へと転化していく。また、西方ではペルシア陶器・マジョリカ陶器にまで至る。明末には景徳鎮にて磁器に三彩釉を施す、素三彩が登場し康熙年間のものが名高い。
 

 磁器 (じき)


素地が焼き締まりガラス化し、吸水性のない半透明の焼物。胎土は粘土質に珪石分,長石分もしくは石灰分を加えて、高火度(1250度以上)で焼成する。唐代末期より次第に発達し、宋代に成熟期を迎える。磁土(カオリン)に恵まれた景徳鎮窯はのちに中心的役割を果たすようになる。
...

 磁州窯 (じしゅうよう)


中国、河北省磁県彭城鎮を中心とした華北最大の窯場。隋代に隋青磁を産するが、一般に唐末期より磁州窯磁としての製品が盛んに焼かれるようになる。宋代から元代にかけその最盛期を迎え、明・清代を経て現在に至っている。 素地は灰色であるために、白土を化粧掛けし、透明釉を施して焼き上げた。白無地のものを白釉陶と呼び、鉅鹿(きよろく)とも称す。その白化粧をヘラで掻き陰刻などを施したものを白地掻き落としと呼ぶ。磁州窯の中で最も評価が高いのが、白黒掻き落としであり、これは白化粧ののち黒泥を掛け、その肌の黒泥のみを掻き落として白黒の文様を描き出したものである。その他、白化粧の上に黒泥で文様を描いた白地鉄絵、緑釉を施した緑釉手、宋三彩、宋赤絵、練上手、墨流し手、柿釉手、飴釉手、河南天目、油滴天目といった様々な技法をもち、河北・河南・山西・山東各省ほとんどの民窯で焼かれた。
 

 七官青磁 (しちかんせいじ)


中国・明代後期に龍泉窯を中心として焼かれた青磁の一種。透明性のつよい淡い翠青色を呈し、概して貫入があるのが特徴とされる。彫塑的な技法が多くみられ、陰刻・陽刻・押型などが用いられた。名の由来は明朝の七官という者が将来したとも、明朝の官名だったとも言われている。
 

 志野 (しの)


桃山期に美濃の瀬戸系諸窯で焼成された白釉の陶器。胎土は百草土(モグサツチ)と呼ばれる白色粗土。長石釉が厚くかかり、乳濁色に紅赤色の火色。釉下に鬼板(酸化鉄)で疎画が施されている。日本で最初に作られた白色の焼物である。無地志野,絵志野,鼠志野,赤志野,紅志野,練込志野などの種類がある。
 

 耳杯 (じはい)


2つの小さな把手がある杯(盃)のこと。双耳杯,羽觴(うしょう)ともいう。中国・戦国期よりはじまり、楕円形で両耳となった漆器を中心として銅・玉器などがある。のちに時代を経て陶製のものもつくられるようになった。
 

 絞手 (しぼりて)


釉下の染付が滲み流れてしまっているものをいう。安南染付によく見られ、碗形のものは蜻蛉手ともいわれる。
...

 繍花 (しゅうか)


中国陶磁の装飾技法の一つ。型押しや絞り出し技法によって、文様を細かい線であらわしたもの。
 

 修内寺窯 (しゅうないじよう)


中国・南宋時代の官窯。杭州南方の鳳凰山下、皇居内にあったことから内窯とも呼ばれる。宦官の邵成章の監督の下、北宋青磁を継ぐ精巧かつ美麗な青磁を焼いたことで知られる。灰白色の胎土に半透明の粉青色釉を施し、貫入のない、精緻極めた青磁を製していた。その遺品は少ない。
 

 祥瑞 (しょんずい)


中国明末・崇禎年間のころに日本からの注文品として、景徳鎮の民窯でつくられた青花磁器の日本での呼称。器底に「五良大甫 呉祥瑞造」の銘のあるものが多いことから祥瑞と呼ばれる。素地は精白で、精選された青料を使い、釉掛けも均一になされている。幾何学文様・唐草文様などを施し、いくつかの仕切りに山水・花鳥・人物らを描いたものが多い。なかには、さらに上絵付された色絵祥瑞や瑠璃釉を施した瑠璃祥瑞と呼ばれるものもある。器形は茶碗・水指・徳利・鉢・香合など茶道具,懐石道具が中心となっている。
 

 水滴 (すいてき)


硯に水を入れるための容器。風穴と水穴の二口が付く。李朝陶磁のものが愛好され、その意匠も極めて変化に富んでいる。白磁・染付・辰砂・鉄砂などがあり、丸・四角・六角・八角や鳥・亀・果物を象ったものが見られる。
 

 水簸 (すいひ)


粘土を泥状にして水の浮力をもって精製する工程のこと。細かく砕いた粘土を水中で攪拌し不純物を分離させることで良質の陶土を得る。
...

 青磁 (せいじ)


釉薬に含まれる微量の鉄分が、高火度に還元されて青緑色を呈したもの。酸化することにより黄緑・黄褐色となることもある。その技術は漢代より高められ、唐代に入り越州窯が中心となって普及し、宋代になって浙江省の龍泉窯が興りその美しさは完全なものとなった。日本では古くから青磁を砧・天龍寺・七官の3種に分け、砧を最高のものとしているが、これが南宋の龍泉窯における青磁にあたる。
 

 宋赤絵 (そうあかえ)


中国・宋代に華北で焼かれた加彩陶。鉄分を含んだ素地に白化粧を施し、透明釉を掛けて焼き上げる。その上から赤・緑・黄などの上絵付で花鳥・草花文を描いて、低火度で焼付ける。技術的には磁州窯系の窯と推測されるが、河南・山東・山西の窯址から破片が出土している。
 

 象嵌 (ぞうがん)


器形の表面を削り、その部分に他の材料をはめ込むことで図柄を表わす加飾方法。金工・木工・陶磁・ガラスなどで用いられ、象嵌材として石・貝・珊瑚・牙角などが使われる。陶磁では、素地を沈刻または押印によって文様を型どり、異類の土を塗り込んで上釉をかける技法があり、高麗青磁と呼ばれる朝鮮・高麗時代の象嵌青磁が注目される
 

 素三彩 (そさんさい)


素地のまま焼成した磁器に、白・黒・青・緑・黄・紫などの色釉を施したもの。明代後期に始まり、清代・康熙年間に隆盛する。器面全体に文様をあらわしたり、釉の掛け残しを利用したりすることがある。
 

 蘇麻離青 (そまりせい)


中国・青花磁器に用いられたコバルト顔料の一種。蘇勃泥青(そぼにせい)とも呼ばれる。元代末期に西域より将来したと考えられ、明代初期では景徳鎮窯で用いられ、成化年間まで続いたといわれる。正確な産地は分かっていない。鮮やかな青藍色を発し、最良の青料とされた。
...

 染付 (そめつけ)


白磁の釉下にコバルトで絵付けを施した磁器のことで、中国では青花と呼ばれる。元代に始められた手法で、当時、西方ペルシヤより輸入されたコバルトを使い、濃厚な青で複雑な文様を表わしたものが多く、重厚な器形と調和し力感に満ちている。明代に入ると、景徳鎮に官窯が設けられ、明初の永楽・宣徳年間には様式・技術ともに洗練され整美な作風を誇った。
 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved