古陶軒
HOME
東洋美術 陶磁関連資料 美術館リンク  

 

 

 

 

 玳皮盞 (たいひさん)


中国、吉州窯でつくられた天目茶碗の日本での呼称。鼈盞または吉安天目などとも呼ばれる。鉄分の多い黒釉と白濁失透釉を二重掛けするが、型紙を用いて花・鳥・虫・文字・木の葉といった文様をあらわすこともある。日本の伝世品に優品が多い。
 

 タタラ


陶土を板状に延ばしたもののこと。またこれを利用して成形する技法のことを指す。陶土を平たく延ばして板状にし、箆(へら)などを使って必要な形に切り出して、それぞれを粘着・成形する。
 

 ダミ


染付の絵付技法の一つ。文様を描く際、はじめに輪郭を線描きし、その内側を呉須の溶液を含ませた太い筆を用いて溜めながら塗る技法。呉須の濃淡によって濃ダミ・中ダミ・淡ダミと呼び分けられている。
...

 胆礬 (たんぱん)


硫酸第二銅。焼成後、深緑に発色する。黄瀬戸の表面に現れる緑色の斑点や織部の緑釉などが代表的
 

 雕花 (ちょうか)


彫文様のこと。素地もしくは釉薬の一部を削り、文様を表現する装飾法。磁州窯の掻落、北方青磁の片切彫、龍泉窯の浮彫などがある。
 

 貼花 (ちょうか)


素地と同じ土を用いて、型抜きなど文様を器面に貼付ける装飾法。漢代の明器の壷にみられ、唐三彩などでその例は多い。青磁の浮牡丹他、後代にも継続して用いられた。
 

 定窯 (ていよう)


中国・宋代の名窯。窯址は河北省曲陽県澗磁村及びその附近にある。素地は細緻な白土で、胎は薄づくり、釉下に彫文や型押し文をあらわしている。涙痕(るいこん)と呼ばれる釉薬の斑や、薄胎をへたりから防ぐために伏せ焼きを行って、口縁がはげていること(金・銀・銅により覆輪が用いられている)が特徴。黒釉を施した黒定や紅定・紫定を称されるものがあり、金彩を加えたものもある。
 

 鉄絵 (てつえ)


酸化鉄を含む釉薬で黒褐色をあらわす。絵唐津・志野・織部などにみる疎描も鉄釉によるもので、李朝鉄砂(高麗の初期に現れ、末期まで続く)などでも用いられている。
...

 天球瓶 (てんきゅうへい)


中国・明代につくられてた磁器の器形の一つ。球体に近い胴、太く長い頸がつき、器裏を浅く削り込んである。青花・五彩・粉彩などが施され、大作が多い。
 

 天啓赤絵 (てんけいあかえ)


中国明末・天啓年間に景徳鎮の民窯でつくられた五彩磁器の日本における呼称。染付で描かれた飄逸な絵柄の上に、赤・緑・黄などの上絵具を放胆に施し、洒脱な味わいを見せている。古染付とほぼ同時期をなし、この古染付の上に絵付けをしたものが多い。
 

 天目 (てんもく)


頸の付根に鶏頭のついた中国の壷の一種。初期は丸みを帯びた胴に、写実的な鶏頭、そして対に尾がつけられた。その後、全体に器形は細長くなり鶏頭は注口に、対には盤口をくわえた龍頭がつく。六朝時代の青磁にその例は多い。
 

 天龍寺青磁 (てんりゅうじせいじ)


中国元代から明代にかけて、龍泉窯にてつくられた青磁。大量生産による原料の質の低下に伴い、釉色が黄味のある沈んだ青緑色を呈し、従来の砧青磁とは様相を異にした。花瓶や香炉といった大作が多く、雕花を施したものも少なくない。その名の起こりは、室町に天龍寺船によってもたらされたといわれ、また、夢窓国師が天龍寺に伝えたといわれる浮牡丹の香炉が有名であったともいわれる。
 

 桃花紅 (とうかこう)


中国、清代康熙年間より官窯で焼かれた紅釉磁のことで、西洋ではピーチ・ブルームと呼ばれる。郎窯系の銅呈釉だが、酸化・還元の微妙なバランスにより、淡紅色とともに緑色の濃淡のある斑文があらわれる。また、桃花紅が窯変したもので、緑色がはっきりとするものは蘋果緑(ひんかりょく=アップル・グリーン)と呼ばれる。器形は太白尊・合子などが多い。
...

 陶器 (とうき)


釉薬をかけた焼物で、素地にガラス質を含み、若干の吸水性のあるもの。
 

 豆彩 (とうさい)


明・清時代につくられた五彩の一種。絵付が非常に緻密で、文様の輪郭を青花で表現し、緑を主体にした淡い色調が施されている。その色調が青豆に似るところから豆彩とされ、また色彩が互いに競っているとの考えから闘彩とする説がある。明代・成化(1465〜87)に最も優品が生まれたが遺品は稀で、清朝に盛んにつくられた。碗・壷・瓶・馬上盃など小型の優品が多い。
 

 陶枕 (とうちん)


中国にてつかわれた陶磁製の枕。唐代のころより盛んとなり、宋代にはその形も大きくなり様々な意匠が伝わっている。磁州窯系のものが多く、白磁鉄絵などの見事なものがある。そのつくりは中空で、中に小石を入れて音を鳴らすようになっている。
 

 共箱 (ともばこ)


本人の作品であることの証明に筆者・作家によって作品名・署名・印章等を記した箱
 

 吐魯瓶 (とろぴん)


口は小さくわずかに張り、首は短く体部は半球形をなし、底は平たい。太白尊(たいはくそん)とも呼ばれる。
...

 蜻蛉手 (とんぼで)


安南染付の別称。蜻蛉のような絵付けが施された茶碗をこうして呼ばれるようになるが、のちに染付が滲み文様が不鮮明な安南染付茶碗の総称として使われるようになった。
 

       

Copyright(C)1999-2002 Ryoichi Hirano All right reserved