絵画・立体
絵画・立体











 

 

小杉小二郎



 
    小杉小二郎 −月・追憶−

月・追憶(損保ジャパン東郷青児美術館大賞受賞作品)




東京に生まれる。父は美術学者小杉一雄、祖父は日本画家小杉放菴。1968年画家を志し中川一政のアトリエに通いはじめました。1970年には一政に随い渡仏、一時帰国ののち単身にて再渡仏しグランド・ショーミエール研究所に入ります。1971年サロン・ドートンヌに「静物」を出品、以後毎年出品。1974年初個展を経て、東京セントラル美術館をはじめ多くの展覧会に出品します。1991年には朝日新聞社主催による巡回展、2005年には日本経済新聞社による巡回展を開催されました。2006年第29回損保ジャパン東郷青児美術館大賞を受賞。
繊細な色使い、丁寧におかれた絵具は、画面に抒情的な静けさと開放感のある温かみを表します。それが静物であっても風景であっても、ありのままのかたちを描くだけではなく、対象の本質をつかみとって、よりリアリティのある存在を見つめていくのです。





小杉小二郎

<回想>

小杉小二郎

<ノルマンディの波止場>

小杉小二郎

<アダムとイブ>



小杉小二郎


<壜の静物>



小杉小二郎


<チューリップ>



小杉小二郎


<花と果物>


詳細ページ



「小杉小二郎画集」 講談社 1982
「小杉小二郎画集」 求龍堂 1986
「油絵の描き方−花と静物」 講談社 1986
「小杉小二郎デッサン集−ささやかな不仕合わせ−」 求龍堂 1987
「小杉小二郎画集」 求龍堂 1991
「日経ポケットギャラリー」 日本経済新聞社 1992
「アートトップ叢書−小杉小二郎」 芸術新聞社 1992
巴里ゆらゆら」 日本経済新聞社 2003
小杉小二郎作品集」 日本経済新聞社 2005


銀座百点(表紙画)
淡交社「なごみ」(コラム)
小杉放菴記念日光美術館